鮭の内臓珍味!?めふん

こんばんは、こうちゃんです。


世にも珍しい、鮭の腎臓を使った塩辛一種、めふんです。

めふんは、オスの鮭の中骨に沿って付いている血腸(腎臓)を使って作る塩辛である。

北海道の地方料理であり、料理店などでは珍味として扱われている。スーパーマーケットや土産物店では、100g程度の瓶詰めとして流通している。

また、川を遡上中の「ぶなざけ」と呼ばれる鮭の腎臓が材料として良いとされる。

色は黒く、食感にとろみがあり、主に酒肴として珍重されているほか、ストレスを回復させる栄養素であるビタミンB12や鉄分が豊富に含まれているため、健康食品としても注目されている。

かなり独特の風味、味があるため、好みは分かれますが、好きな人には酒の肴として人気です。

こうちゃん

珍味紹介・探究ブログ

世間では定番食材とされていないような珍味の数々をご紹介するブログです。

0コメント

  • 1000 / 1000